学校紹介

建学の精神・校訓

江戸時代後期、儒学者・廣瀬淡窓が日田に開いた私塾「咸宜園」を継承している創立66年の私立学校

〜鋭きも鈍きも共に捨て難し 錐と槌とに使い分けなば〜 

校訓三紀「規律・礼儀・品性」

 

 

 

 

 

   初代校長 廣瀬正雄先生の 『低身髙心』の書

 

 

 

 

咸宜園   廣瀬淡窓

 

校長挨拶

藤蔭高等学校 校長 石井 潔

 

 皆さんは、自分の将来について真剣に考えていますか。「人生の扉に自動ドアはない」と言われています。何も行動せずに「人生の扉」は開きません。自分の力で開けなければなりません。その力をつけるために、夢を持ち、その夢を実現するために努力していくことが必要になります。努力することで人は成長し、生きる力がついていきます。しかしながら努力 をすることは、言葉でいうほど簡単ではありません。時にはどうしてもうまくいかず、挫折感を味わうこともあるでしょう。それでも、「よし、もう一回頑張ろう」という気持ちを持つことが、皆さんの将来にとって大切になってきます。藤蔭高等学校は、皆さんが夢に向かって努力していく大切さを気づかせてくれます。そんな皆さんを心から応援します。 大切な高校3年間が充実するためにも、藤蔭高校で学んでみませんか。

素直な心 反省の心 謙虚な心 感謝の心 奉仕の心

沿革のページへ