硬式野球部

野球を通して人間形成を!そして甲子園を目指す!

 第143回九州地区高等学校野球大会 大分県予選 *ベスト8

 *平成30年9月24日(月)更新

 

  日程及び試合会場 対戦校 結果
1回戦 9月16日(日) 別大興産スタジアム 第1試合 別府鶴見丘 10 対 3 
8回2死コールド
2回戦 9月19日(水) 臼杵市民球場  第1試合 日田林工  4 対 2 
3回戦 9月22日(土) 臼杵市民球場  第3試合 大分豊府 10 対 3 
7回コールド
準々決勝 9月24日(月) 別大興産スタジアム 第2試合 大分  5 対 8 
 *春のセンバツにつながる大事な九州大会予選でしたが、残念ながら接戦の末、大分高校に敗れました。しかし
 甲子園に出場したこともあり、新チームとしての調整が難しかった中で着実に力をつけています。次は1年生錬
 成大会ですが、引き続き応援のほど宜しくお願い致します。

 

 第134回大分県高等学校野球選手権大会(本戦)*1回戦敗退

  *平成30年8月26日(日)更新
月日 会場 開始時刻 対戦校 結果
1回戦
8月25日(土)
平成の森公園野球場 14:00 情報科学  4対7
 *新チームとして臨んだ最初の公式戦。甲子園に出場したため、推薦で本戦に出場しましたが、ミスが目立ち、
 初戦敗退という結果となりました。九州大会予選で好成績を上げるためにもまだまだ練習が必要です。

 

 第100回全国高等学校野球選手権記念大会 *1回戦敗退

 *平成30年8月5日(日)更新

♦ 1回戦 平成30年8月5日(日)阪神甲子園球場

 憧れの甲子園初マウンドへ!吉村登板も強打星稜打線に力及ばず

 

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
藤蔭 0 1 0 0 0 0 2 1 0 4
星稜 1 0 3 2 0 3 0 0 9

 28年ぶりの出場となった本校は開幕戦で強豪の星稜高校(石川県)と対戦し、4対9で敗れました。
怪我のため県予選では登板機会のなかった吉村紘輝くん(進学コース3年)が夢のマウンドを任されました
が、県大会決勝で22対0で圧勝した星稜打線の迫力は凄まじく、連打を浴びて降板、2番手のエース市川
くんも打たれました。しかし、なんとか2桁の得点は許さず、攻撃の方も県大会から無失点が続いていた星
稜から8安打を放ち、終盤追い上げました。敗れはしましたが4点をもぎ取り、なんとか藤蔭の意地を見せ
ることができました。最後まで諦めずに戦った選手にスタンドからは惜しみない拍手が送られていました。
甲子園の初勝利とはなりませんでしたが、選手の頑張りには頭が下がりました。大分県高野連の方々のご援
助をはじめ、県内外の皆様方の過分なる寄付金や励ましの声掛けをいただき誠にありがとうございました。
大舞台に出て改めてまだまだ進化しなければならないということを再認識しています。新チームも8日から
練習です。伝統を引き継ぎますので、今後とも応援のほど宜しくお願い致します。

  力投する吉村くん、3年間の想いをボールに託す    2回表、武井くんの適時打で生還する堀田くん

 

  最後にチームを引っ張ってきた熊懐くんが打席に!      甲子園は想像以上に素晴らしい舞台でした

 

 第100回全国高等学校野球選手権記念大分大会 *優勝

 *平成30年7月25日(水)更新

♦ 決勝 平成30年7月25日(水)別大興産スタジアム

 エース市川の粘りのピッチングで28年ぶり甲子園の切符を掴む!

 

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
柳ヶ浦 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
藤蔭 0 0 0 0 0 1 0 0 1

 第100回記念大分大会の県代表を決める戦いは、柳ヶ浦高校の好投手中園くん、上間くんと本校のエース市川くんの投手戦となりました。いつもの打撃力が影を潜め苦しい展開となりましたが、6回1番の橋本くんのヒットからチャンスを作り、奥園くんの犠牲フライで1点をもぎ取った本校が1対0で勝利しました。相手の安打が上回る試合となりましたが、28年ぶりの甲子園出場を決め、県代表として頑張ります。これまでの応援はもとより、今後ともご支援いただければ幸いです。抽選会は来月2日、大会は5日から始まります。

    猛暑の中、接戦を刻んだスコアボード        新調された優勝旗を受け取る主将の熊懐くん   学校に帰って優勝報告。疲労困憊の選手たち       市役所前で市民の方々に優勝報告する石井校長



 決勝戦

  • 期  日:平成30年7月25日(水)
  • 場  所:別大興産スタジアム(10:00開始)
  • 対戦相手:柳ヶ浦高等学校
 *生徒は全校応援となります。スクールバスは通常より30分早く運行、出発時間は8時です。夏用体操服で、
  TOIN帽子、弁当、タオル、水筒を持参のこと。三者面談の予定になっていた生徒は延期となりますので、
  各クラスに確認ください。

 

 


♦ 準決勝 平成30年7月23日(月)別大興産スタジアム(第2試合)

 「我慢」と「元気」で県選手権で敗れた佐伯鶴城に雪辱を果たす

 

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
佐伯鶴城 0 1 0 2 0 0 0 3 1 7
藤蔭 0 0 1 4 0 4 0 0 9

 今大会の前哨戦となった県選手権大会決勝で対戦した県南の雄佐伯鶴城高校が相手。序盤は互角の戦いでしたが、4回1番の橋本和真くん(進学コース3年)のぐっと流れを引き寄せる三塁打で一気に突き放しました。終盤粘られましたが、エース市川くんのあと、本多隼人くん(情報経済科3年)、小宮大明くん(進学コース2年)の継投で逃げ切りました。主将である熊懐郁祐くん(進学コース3年)のみんなで「我慢」「我慢」、「元気」「元気」と言い合いましたという試合後のコメントが印象的でした。これで県選手権大会の雪辱を果たし28年ぶりの甲子園へまた一歩近づきました。保護者はもとより地域の方に支えられ頑張っておりますので今後とも応援のほど宜しくお願い致します。


 ♦ 準々決勝 平成30年7月21日(土)別大興産スタジアム(第2試合)

 7回コールドで2年ぶりのベスト4進出も守備強化へ

 

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
津久見 0 1 3 0 0 0 0     4
藤蔭 3 0 0 0 1 5 2✕     11

 全国制覇の経験もある古豪津久見高校との対戦。初回に幸先よく3点をリードするも、守備の乱れから一時逆転されました。この日5打点と貫禄を見せた4番の奥園颯くん(進学コース3年)の活躍などで、6回に打線がつながり結果的には7回コールド勝ちを収めました。しかし失策が4つもあり課題も残りました。

♦ 3回戦 平成30年7月19日(土)別大興産スタジアム(第3試合)

 そつなく加点し快勝!シードの貫禄を見せベスト8へ

 

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
藤蔭 1 1 0 0 0 2 0 0 1 5
大分南 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

 初戦とは違い終始落ち着いた試合運びで大分南高校に快勝しました。。9回にホームランで1点を失点しましたが、エース市川晃大くん(進学コース3年)が要所を締めました。これで2年ぶりのベスト8です。

♦ 2回戦 平成30年7月16日(月)別大興産スタジアム(第3試合)

 序盤リードされるもワンチャンスを生かし、逆転勝利!

 

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
三重総 2 2 0 0 0 0 1 0 0 5
藤蔭 0 1 0 3 0 3 0 0 7

 第1シードということで2回戦が初戦となりました。相手は三重総合高校。序盤は流れが相手側にあり、苦しい展開でしたが、武井政晶くん(進学コース3年)の三塁打で流れが変わり、逃げ切りました。


第100回全国高等学校野球選手権記念大分大会 第2シード決定!

  • 今年も7月7日(土)から第100回夏の全国高等学校野球選手権記念大分大会が始まります。幸いにも第2シードをいただきました。一戦必勝!チーム一丸となり夢の甲子園を目指して頑張りますので、 応援のほど宜しくお願い致します。 初戦は7月15日(日)の第3試合で三重総合高校と竹田高校の勝者と対戦します。

 各メディアでの本校の紹介について

メディア 月日(時間) タイトル 放送局
テレビ 7月3日(火)
18:40〜
「夢・甲子園! 2018キラリ」 OAB大分朝日放送
Jチャンネル大分
 

 

 第133回大分県高等学校野球選手権大会(本戦)*準優勝

*平成30年6月8日(金)更新

月日 会場 開始時刻 対戦校 結果
1回戦
5月19日(土)
別大興産スタジアム 14:30 大分鶴崎  6対1
準々決勝
5月20日(日)
臼杵市民球場 12:30 日田林工  6対5
準決勝
5月26日(土)
別大興産スタジアム 12:30 情報科学  4対0
決勝
5月27日(日)
別大興産スタジアム 10:00 佐伯鶴城  4対8

*久しぶりの決勝進出。途中まで接戦でしたが、引き離され惜しくも準優勝でした。しかし夏が楽しみです。

 

県北・久大支部予選結果

 

月日 会場 開始時刻 対戦校 結果
4月 7日(土) ダイハツ九州スタジアム 10:00 中津東  2対9
8回無死コールド
4月 8日(日) 花林かいぞくスタジアム 10:00 中津南  3対2
4月14日(土) 平成の森公園野球場 10:00 日田  5対0  
4月15日(日) ダイハツ九州スタジアム
(第4代表決定トーナメント1回戦)
12:00 日田林工  9対1
7回コールド
4月21日(土) ダイハツ九州スタジアム
(第4代表決定戦)
11:00 日田三隈 11対1
5回1死コールド
 *15日からの代表決定トーナメントで連勝し、やっとの思いで県北・久大地区の第4代表に決まりました。

 

 

 

 

 第142回九州地区高等学校野球大会 大分県予選 *ベスト8

*平成30年4月2日(月)更新

 

  日程及び試合会場 対戦校 結果
2回戦 3月27日(火) 別大興産スタジアム 第1試合 日出総合  4 対 0 
3回戦 3月29日(木) 臼杵市民球場  第1試合 情報科学  4 対 0 
準々決勝 3月31日(土) 別大興産スタジアム 第1試合 明豊  1 対 9 
7回コールド
*残念ながら明豊高校にコールド負けを喫しました。ライバルは強し!課題を克服してリベンジします。

 

 

 

 

 第99回全国高等学校野球選手権大分大会

  *平成29年7月17日(月)更新

♦ 2回戦 平成29年7月17日(月)別大興産スタジアム(第4試合)

 幸先よく勝利、朝倉・日田地域の皆さまを元気にします!

 

 

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
鶴崎工 0 0 1 0 0 0 0 0 1
藤蔭 2 0 0 0 0 2 0 0

先の福岡大分豪雨水害で多くの方が大変な被害に遭われた中、”皆さんを元気”と本校野球部が初戦(2回戦)を迎えました。尾花鉄太くん(3年)の好投でなんとか初戦を突破することができました。水害で被害にあった部員もいます。今こそチーム一丸となり、地域の方々のために悲願の甲子園出場を果たしたいと思っておりますので、応援のほど宜しくお願い致します。

 

 第131回大分県高等学校野球選手権大会(本戦)*ベスト8

 *平成29年5月14日(日)更新
月日 会場 開始時刻 対戦校 結果
1回戦
5月13日(土)
臼杵市民球場  9:30 日本文理大学
付属高校
 7対0  
7回コールド
2回戦
5月14日(日)
別大興産スタジアム 10:00 明豊高校  2対3
9回1死サヨナラ
 *接戦となりましたが、残念ながら明豊高校にサヨナラ負けを喫しました。夏の予選では必ずリベンジします。

県北・久大支部予選結果

月日 会場 開始時刻 対戦校 結果
4月 9日(日) 平成の森公園野球場 10:00 安心院 10対0
5回コールド
4月15日(土) 平成の森公園野球場 14:30 高田  4対3
9回2死サヨナラ
4月16日(日) ダイハツ九州スタジアム 12:00 宇佐  9対1  
7回コールド
 *3戦全勝で、Aパートの第1代表に決定致しました。本戦でも頑張りますので宜しくお願い致します。

 


 第139回九州地区高等学校野球大会 大分県予選

*平成28年9月22日(木)更新

 

  日程及び試合会場 対戦校 結果
2回戦 9月22日(木) 別大興産スタジアム 第1試合 大分 2対3 
延長15回
(2死サヨナラ)

*私学大会では勝利した大分高校に延長15回の死闘の末、惜しくも敗れました。リベンジを誓います。

 

 

 

 

 第130回大分県高等学校野球選手権大会(本戦)ベスト4

*平成28年9月3日(土)更新

月日 会場 開始時刻 対戦校 結果
8月27日(土) 緒方総合運動公園野球場 14:30 大分西  9対1 
8月28日(日) 佐伯市民球場 11:00 情報科学 10対3 
7回コールド
9月 3日(土) 佐伯市民球場 11:00 大分商業  5対7 

*残念ながら準決勝で大分商業に接戦の末、敗退。しかし、ベスト4は九州大会予選に弾みがつきました。

 

県北・久大支部予選結果    

 

 

月日 会場 開始時刻 対戦校 結果
8月12日(金) 平成の森公園野球場 12:30 日田三隈  2対1
8月14日(日) 平成の森公園野球場 10:00 宇佐  4対0
8月16日(火) 平成の森公園野球場 12:30 中津東  7対8  
8月18日(木) 平成の森公園野球場 10:00 高田 11対5
第4代表決定戦(初戦)
8月20日(土) 新中津球場 10:00 中津北  5対3
第4代表決定戦(最終)

*接戦を制し、第4代表に決定致しました。本戦でも頑張りますので宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 第98回全国高等学校野球選手権大分大会 *ベスト4

♦ 準決勝 平成28年7月23日(土)別大興産スタジアム(第1試合)

 水本7回まで好投するも、8回フォアボールから逆転を喫す!

 

 

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
佐伯鶴城 0 0 0 0 0 0 0 5 0 5
藤蔭 0 2 0 0 0 0 0 0 2

 

4年ぶりに準決勝にコマを進め、県南の雄である佐伯鶴城と7月23日(土)に対戦しました。3回に2点を先制。7回までは本校のペースでしたが、好投していた水本雄也くん(3年進学コース)が8回先頭バッターに四球を許すと、制球が定まらず押し出しで1点、死球で同点とされました。続くバッターにも走者一掃のスリーベースで3点を献上し逆転されました。残念ながらベスト4で終わりましたが、選手たちは最後まで粘り強く戦ってくれました。応援をしていただいたすべての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

 

♦ 準々決勝 平成28年7月20日(水)別大興産スタジアム(第1試合)

 田中、好救援!打線も上向き2桁安打

 

 

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
藤蔭 4 0 0 0 0 1 0 1 1 7
津久見 0 0 0 0 0 1 0 5 6

準々決勝は全国優勝の経験を持つ古豪津久見高校でした。初回こそ吉松凌大くん(2年情報経済科)の走者一掃のタイムリーヒットで4点を先制したものの、エラーなども重なり、少しずつ相手に流れが傾きました。最終回、疲れた出た水本雄也くん(3年進学コース)がピンチをむかえ、久家良介くん、田中優樹くん(共に3年情報経済科)の継投でなんとか逃げ切ることができました。次戦は明豊と佐伯鶴城の勝者と23日(土)第1試合(10:00開始予定)で対戦します。この日は全校応援となりました。夢の舞台まであと2つですので皆様の熱い応援を宜しくお願い致します。

 

 

♦ 3回戦 平成28年7月18日(月)別大興産スタジアム(第2試合)

 水本、ノーヒットノーラン目前!コールドで完勝

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
竹田 0 0 0 0 0 0 0 ­ 0
藤蔭 0 0 0 0 2 0  5✕ ­

 

3回戦は猛暑での試合となりました。序盤はチャンスを作るも、一本が出ず苦しい戦いでしたが、水本雄也くん(3年進学コース)の粘り強いピッチングで、攻撃にリズムを作り、荒木誠也くん(2年情報経済科)のタイムリーヒットで勢いに乗り、8回に打線が爆発、見事コールド勝ちを収めました。次戦は全国制覇2回の強豪、津久見高校と20日(水)の第1試合で対戦します。引き続き応援を宜しくお願い致します。

 

 

♦ 2回戦 平成28年7月12日(火)別大興産スタジアム(第3試合)

 好発進!終始試合をリードし、初陣飾る

 

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
杵築 0 0 0 0 0 0 1 0 1
藤蔭 1 1 0 3 0 0 0 5

 雨のため、今日に順延となった初戦でしたが、選手たちは最後まで集中を切らさず初陣を飾りました。先発の
 水本雄也くん(3年進学コース)が8回10奪三振1失点の好投。打線もつながり終始リードする展開で次に
 つながる試合だったのではないでしょうか。次戦は3回戦、18日(月)の第2試合で竹田と大分南の勝者と対
 戦しますので、応援のほど宜しくお願い致します。

 



 第98回 夏の全国高等学校野球選手権大分大会 第3シード決定!

  • 今年も7月3日(日)から第98回夏の全国高等学校野球選手権大分大会が始まります。幸いにも、
    第3シードをいただきました。一戦必勝!チーム一丸となり夢の甲子園を目指して頑張りますので、
    応援のほど宜しくお願い致します。 初戦は7月11日(月)の第3試合で杵築高校対戦します。

 各メディアでの本校の紹介について

メディア 月日(時間) タイトル 放送局
テレビ 6月28日(火)
18:40〜
「夢・甲子園! 2016キラリ」 OAB大分朝日放送
Jチャンネル大分
ラジオ 6月24日(金)
16:19〜16:28
”燃えよ青春!目指せ甲子園” OBSラジオ

 

 第129回大分県高等学校野球選手権大会(本戦)

 

月日 会場 開始時間 対戦校 結果
5月15日(日) 佐伯市民球場 11:00 情報科学  1対2 
5月14日(土) 臼杵市民球場 12:00 明豊  6対5 
延長13回
(13回からタイブレーク)

 支部予選を全勝し、久大地区Aパートの第一代表として、第129回大分県高等学校野球選手権に出場。1回戦で強豪明豊高校に延長13回の末に6対5で勝利するも、2回戦、情報科学高校に1対2で敗れました。あと一本が出ずの敗戦となりましたが、堂々のベスト8でした。夏の甲子園予選に向けて弾みもつきました。最後までチーム一丸となり甲子園を目指しますので、今後とも応援のほど宜しくお願い致します。

 県北・久大支部予選 
月日 会場 開始時刻 対戦校 結果
4月10日(日) 新中津球場 10:00 中津南  4対2
4月23日(土) 花林かいぞくスタジアム 12:30 安心院  9対2
7回コールド
4月24日(日) 新中津球場 10:00 宇佐 10対0
6回コールド
*Aパートの第一代表に決定。5月14日(土)からの第129回大分県高校野球県選手権大会に出場します



 第7回大分県高等学校野球部トレーニング・マッチの開催について

  • 日 時  平成28年1月30日(土) 12:00〜
  • 場 所  野口原総合運動場(別府市大字別府3088番地の9)
          別府青山高校グラウンド(別府市大字別府3088番地の91)
  • 主 催  大分県高等学校野球連盟
  • 内 容   100m走、1500m、飛距離競争、ベースランニング、背面投げ、
         200m×8=1600mリレーなど、この冬のトレーニングの成果を競う

 

 

 

 第137回九州地区高等学校野球大会 大分県予選

  日程及び試合会場 対戦校 結果
2回戦 9月21日(月) 臼杵市民球場  第1試合 中津南 10 対 8 
3回戦 9月23日(水) 臼杵市民球場  第3試合 大分工業  7 対 3 
準々決勝 10月3日(土) 別大興産スタジアム 第1試合 佐伯鶴城 11 対 2 7回コールド
準決勝 10月6日(火) 別大興産スタジアム 第1試合 臼杵  2 対 7  

春のセンバツにつながる重要な第137回九州地区高等学校野球大会が始まりました。 2回戦から登場の本校野球部、辛くも中津南高校に10対8で勝利しています。3回戦は ベスト8をかけて大分工業高校との対戦でしたが接戦を制し7対3で勝ちました。3日(土)は準々決勝が行われ佐伯鶴城高校に11対2(7回コールド)で快勝。九州大会をかけての臼杵高校戦は6日(火)に行われ2対7で惜しくも敗れました。皆様の応援ありがとうございました。



 第128回大分県高校野球選手権大会

 ♦ 2回戦 平成27年8月30日(日) 別府市民球場(第1試合)

    出ばなくじかれ、自分たちのペースに乗れず完敗!

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
鶴崎工業 5 0 0 3 1 0 0 9
藤蔭 0 3 0 0 0 1 0 2 6

1回戦、日出暘谷高校に6対0と快勝するも、2回戦の鶴崎工業戦では序盤に大量失点を喫し
最後までペースに乗れないまま敗れました。今回ベスト8でしたが次に繋げます。



 第97回全国高等学校野球選手権大分大会

  • 壮行会実施 6月24日(水)6限

7月5日(日)から高校球児の夢である甲子園を目指して熱い戦いが始まります。本校も24日(水)に全校で野球部の壮行会をしました。主将の王田恭輔くん(3年進学コース)の” 今年のチームは上も下もない。チームの結束力、団結力はここ数年で一番です”と力強く誓いの言葉を述べました。地域から愛される野球部を目指しています。応援宜しくお願いします。

 ♦ 1回戦 平成27年7月9日(木)別大興産スタジアム(第2試合)

    昨年と同じ大分西高校 投打に圧倒し打撃戦制す

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
大分西 0 0 0 0 0
藤蔭 0 0 ×

序盤から有利に展開していたが、6回表、大分西の連打を許し同点に追いつかれるもその直後に追加点を挙げるなどして突き放しました。2回戦は柳ヶ浦高校です。引き続き、みなさんの応援を宜しくお願いします。

 ♦ 2回戦 平成27年7月15日(水)別大興産スタジアム(第1試合)

    序盤リードするも7回に逆転許す!来年こそ甲子園へ

 

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
柳ヶ浦 0 0 0 0 3 0 0 3
藤蔭 1 1 0 0 0 0 0 0

2点リードする展開も、7回に連打で逆転され惜しくも1点差で逃げ切られました。「気の緩みを突かれた。最後まで攻めの姿勢を出さないといけなかった」とコメントした主将の王田恭輔くん(3年進学コース)でしたが、3年間チームをよくまとめてくれました。甲子園の夢は後輩に託されます。

応援ありがとうございました。地域に愛される野球部を目指して明日から再出発です。



 第127回大分県高校野球選手権大会

 ♦ 1回戦 平成27年5月26日(土) 別大興産スタジアム(第2試合)

    宿敵明豊高校に苦杯!夏の県予選でのリベンジ誓う

   1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
明豊 1 0 0 3 0 0 0 0 0 4
藤蔭 0 0 0 0 0 0 0 0 0